Mint-ism

50代の備忘録と日々雑記

外出自粛要請の中出掛ける人たち、誰かのせいにして自分で責任を取らないのは楽だよね

外出自粛要請の先週末、東京都心では人出が減ったものの、都市部から外れた場所では普段通りの賑わいをみせていたようです。

 

吉祥寺がニュースに取り上げられていました。

普段通りの混雑、行きかう人々、満席のカウンターで食事をとる人たち。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

吉祥寺の街は都心からさほど離れているわけではなく、新宿からは中央線で20分くらい、また渋谷からも井の頭線急行で15分くらいと、非常にアクセスしやすい場所にあります。

 

商店街には飲食店、洋服やさん、くつやさん、ドラッグストア、その他の雑貨屋さんといろんなお店がひしめき合っています。

 

少し中心街から離れた場所にも、おしゃれなレストランがたくさんあります。

 

私も大好きな街です。

 

外出自粛要請によって休日の行き場を失った人たちが、ちょっと出掛けるにはこの格好の場所に集まっているのかもしれません。

 

外出自粛要請は強要ではないから、飲食店が普段通りに営業してるから、と理由は様々でしょう。

 

でも、それは、外出自粛は強要じゃないでしょ、お店が営業しているんだから利用していいという事でしょ、皆出掛けてるし、というどこか他人まかせの判断ではないでしょうか。

 

 

f:id:mint-e:20200420143421j:plain

 

 

もちろん、政府の曖昧な発言や判断、諸外国のように徹底した取り締まりができない、などの問題があるのは事実です。

 

でも、こうやって自分の行動を、「〇〇がこうだからこうしたのだから、別にいいんじゃない?」というのは、判断が他人任せで自分で責任を取ることを放棄しているのではないかとも思います。

 

きっと物事の重大さにかかわらず、日常的に私たちはこうやって自分で決定することを避け、何かに誰かに判断をゆだね、無意識に自分で責任を取ることを回避している場面が多々あるのではないかと思います。

 

だってその方が楽だよね

 

そういう私だってたくさんあります。

 

日曜日、近所の公園を散歩してきました。土曜日が雨だったせいか、たくさんの人が出ていました。

みんなそれなりに間隔はあけていましたが、園内放送が流れました。

 

「外出自粛要請が出ています。不要不急の外出は避けてください。」

 

その時にとっさに思いました。


公園はいいって言ってたよね

 

反省ですね

 

別にその日でなくてもよかったのです。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。