Mint-ism

50代の備忘録と日々雑記

掃除機で決して吸ってはいけないもの

こんにちは!

Mintです。

 

いきなりですが、触りたくない嫌なものを、掃除機で吸った経験あるでしょうか?

例えば、虫の死骸やゴキブリなど。

虫の死骸ならまだしも、私は世の中で一番苦手と言っていいほどゴキブリが苦手で、何年か前までは、ゴキが出るや急いで掃除機を取り出して、狙いを定めて吸い込んでいました。

 

f:id:mint-e:20200403100613j:plain

 

一人暮らしをしていた学生の頃は、洗剤をかけていましたが後始末が大変でしたね。

ママレモンとか・・・古い(笑)

ママレモンは、黄色の台所用洗剤です。

私と同世代の方は、「あー、懐かしい。」と思ってくださったのではないでしょうか♡

 

掃除機で決して吸ってはいけないものは、ゴキブリのことではないのですが、本題に入る前に、我が家にゴキブリが出なくなったお話をちょっとさせてください

 

 

ゴキブリが我が家からいなくなった理由

それは、今使っているゴキブリ退治製品のおかげだと思います。

ゴキブリ退治の製品の種類はたくさんありますよね。懐かしいゴキブリホイホイのようなもの、スプレーで一瞬で固めるやつ、バルサンのように薬剤が部屋全体に広がり、丸ごと害虫駆除するタイプ、そして置く餌タイプのゴキブリの巣ごと駆除剤。

 

我が家で使っているのは、

これ、コンバット、餌でゴキブリを誘い出し、それを食べたゴキブリが巣に帰ってご臨終となり、そのご臨終となったゴキブリを食べた仲間のゴキブリも死んでしまう、というタイプです。

 

f:id:mint-e:20200403141206p:plain

 

10年くらい使っていますが、ここ5、6年はあの黒or茶色光りする姿を見ていないと思います。

半年に一度交換して、年中置きっぱなしです。実際、一年中使うことでゴキブリがいなくなる、と書いてあります。

キッチンや洗面所などの隅っこの壁などに貼っているので掃除の邪魔にもなりませんし、目立ちません。

もしよかったら、試してみてくださいね。

 

では、本題に入ります。

カメムシの強烈な匂いは部屋中に充満する

強烈な匂いを発する虫と言えば、そうなんです。

カメムシです。

f:id:mint-e:20200403141544j:plain

 

昨年、リビングにカメムシを1匹発見し、追い出そうにも失敗したら困るし、ティッシュでくるんでも手に臭いがつきそうなので、掃除機で吸い込みました。

そしてその日はそのまま、掃除機をしまい、

翌日、再び掃除機を取り出してリビングの掃除を始めたら、部屋中にあの強烈ないや~な匂いが充満してしまいました。

 

ぎょえーーーーーー

 

昨日は掃除機の紙パックを新しく取り替えて日も浅かったので、「まあゴキじゃないしカメムシだから大丈夫だろう、紙パックもったいないし」というセコイ気持ちが働いて、取り替えなかったのがそもそもの間違いでした。

 

すぐさま紙パックを取り替えましが、時すでに遅し、窓を全開にしても部屋は気持ちの悪い匂いで満たされていました。

 

仕方なく、部屋用ファブリーズをスプレーして何とか落ち着きました。

 

カメムシはなぜ臭い?

カメムシはなぜあんな臭いのでしょう。

カメムシは、胸部第三節である後胸の、腹面にある臭腺から悪臭を伴う分泌液を飛散させる。この液にはアルデヒドエステル酢酸炭化水素が含まれ、臭いの主成分はヘキサナール トランス-2-ヘキセナール である。敵の攻撃など、外部からの刺激を受けると分泌され、捕食者に対しての防御であると考えられている。

カメムシの分泌液は、彼ら自身にとっても化学的に有害である。このため、カメムシの体表は、飛散させた液が自分の体に浸み込まないように厚いセメント層で保護されている。また、瓶の中にカメムシを入れ、つついて臭いを出させた後で蓋を閉めておくと失神、蓋を開ければ元気になるが放置すると死んでしまうことがある

 出典:カメムシ - Wikipedia

 

カメムシは敵の攻撃などから身を守る、つまり捕食者に対しての防御から臭い分泌液を飛散させるという事です。

そして、その分泌液がカメムシ自身にとっても化学的に有害である、というのは面白いですね。

へたをすると自分で自分の身を滅ぼしてしますということですものね。

 

カメムシの種類は以外に多い

カメムシは、カメムシ亜目に属する昆虫の総称だそうです。

100種類くらいあり、下記の科に分けられるようです。

キンカメムシ科、クヌギカメムシ科、カメムシ科、ツノカメムシ科、ヘリカメムシ科、サシガメ科・マキバサシガメ科、ホソヘリカメムシ科、マルカメムシ科、ナガカメムシ科、カスミカメムシ科、ヒメヘリカメムシ科

 

久々に、娘が小学生の頃使っていた「昆虫図鑑」を取り出してみました。

本当にいろんな種類のカメムシがいますね。

f:id:mint-e:20200404004833p:plain

 

これから暖かくなってくるとカメムシを見る機会も多くなってきますが、家の中に入ってきても、くれぐれも掃除機で吸わないようにご注意ください。

万が一吸ったとしても、紙パックはすぐに交換してくださいね!

 

お読みいただき、ありがとうございました。